読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

温めたインスタント麺!?噂のまはろラーメンに行ってきた。

食べる 食べる-食レポ
シェアする!
【スポンサーリンク】

こんにちは、南蒼樹(@Sight50Sky)です。

 
このブログ、平日学校に行ってる日は毎日更新することを心がけているのですが、先週の水曜日と木曜日は記事を書きませんでした。
 
いや、書けませんでした。
 
理由を考えたところ、「お昼ごはんをたべなかった」ことがパフォーマンスに影響しているという結論にたどり着きました。
 
美味しいものを食べることがなにより幸せなぼくにとって、お昼ごはんを食べないというのは、恐竜にとって隕石が降ってきたレベルの衝撃なのです。
 
そこで今日は「インスタントラーメンをただ温めただけ」と信大工学部生に噂される伝説のラーメン屋にお昼ごはんを食べに行ってきたので、その様子をレポートします。
 

伝説のお店の名前は「まはろラーメン」

まはろって何なんでしょう。
調べてみると、まはろ(mahalo)…ハワイの言葉でありがとうの意味とのこと。
 
なるほど、「ありがとうラーメン」ってことですね。センスは別にしてもいい名前だ。
 
さて、まはろラーメンは信州大学工学部キャンパスのすぐ横という超一等地に店を構える伝説のお店。
 
ひとりで行くのが怖かったので、友達を誘ったところ、あっさり断られた。
仕方ないのでぼっちラーメンだ。
 
歩くこと169秒、まはろラーメンに到着。
 

「伝説」はツッコミどころの多すぎる店だった

 
外観はこんな感じ。

f:id:kuunerudasu:20151116181627j:image

これといって何の変哲もない…
 
不自然なことといえば、伝説のラーメン屋なのに行列がないことくらい。
 
が!

f:id:kuunerudasu:20151116181640j:image

 
メニューを発見。
 
「らーめん 400円
     替え玉 100円」
 
そう。
メニューを選ぶ権利は与えられてない。
それがまはろルールだ。
(行ったの初めてです)
 
お店に入ると、ぼくが口を開く前におっちゃんがラーメンを作り始める。
(確かに注文を聞かなくても、「替え玉で」なんて変化球を投げてくる客はいないはずだ)
 
お店の内観はこんなかんじ。
このイスが埋まることはあるんだろうか…
(客はぼくひとりで、真の意味でぼっちラーメンになってしまった)

f:id:kuunerudasu:20151116181614j:image

絶妙な角度に傾いた天井灯がなにやら年季を感じさせる。
 
そして気合い満々の「一番」がデカデカと掲げられている。
 
いい心意気!
 
 
 
 
 
 
…ん?

f:id:kuunerudasu:20151116181701j:image

 
生ビールの一番搾りやないかーーい!!
 
ラーメン屋なのに堂々とビールの宣伝をする懐の広さに脱帽です。
 
だいたい、この店のメニューに生ビールなんて存在しない。
 
ぼくはこの瞬間、店主のおっちゃんはインドでも逞しく生き抜いていける人材だと確信した。
 

いざ実食!本当にインスタントラーメンなのか?

 
さて、店に入ってから3分。ラーメンご登場。

f:id:kuunerudasu:20151116181651j:image

見た目は普通。
 
上に載ってるのはゆで卵、もやし、(気持ち程度の)チャーシュー。
 

f:id:kuunerudasu:20151116181600j:image

いざ実食!
 
スープ…胡椒が効いてる。
もやし…もやし。
ゆで卵…ゆで卵。(煮卵ではない)
チャーシュー…チャーシュー?かな、うん。ギリチャーシュー。
麺…意外とコシがある。
これは…スーパーで売ってる麺をアルデンテに茹で上げたやつそのものだ!
 
総合評価
不味くはない。
確かにラーメンであって、インスタントラーメンではなかった。
 
伝説と言われるラーメンだからなにが出てくるかドキドキしていたけど、ラーメン自体はわりと普通の昔ながらのラーメンだった。
 
 

おっちゃんと仲良くなろう

 
ところで、店主のおっちゃんは愛想が悪いことで知られている。
 
たしかに無愛想で、言葉を発してはいけないオーラを醸し出している。
(おかげで「いただきます」とすごく小声で言ってしまった。)
 
話しかけようと思ったけど、運の悪いことに、店内のテレビで「Amazonに売ってるものクイズ」をやっていた。
おっちゃんもぼくも思わず見入ってしまい、ついに言葉を交わすことはできなかった。
 
帰り際、「ごちそうさまでした」といってお金を払おうとすると、「そこに置いといて」と言われる。
机に置くと、拾い上げてから100円のお釣りをくれた。
 
この謎な儀式はなんなんだろう…
わざわざ机でワンステップふんだのはなんか意味があるのか?
 
とても不思議な気持ちでお店を出た。
 
 
以上です。
 
まとめると、ツッコミどころ満載なお店でした!
ラーメンは普通、家庭の味がします。
 
こんな名物店なかなかないので、長野を訪れた際はぜひぜひ足をお運びください!
 
罰ゲームで負けた信大生は、おっちゃんと仲良くなるという最難関ミッションに挑んでもいいと思う。
 
アクセスはこちら。