読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

読書は時間の無駄だけど、それでもおすすめしたい本がある

ライフハック ライフハック-読書 大学生 大学生-大学生活
シェアする!
【スポンサーリンク】

こんにちは。南蒼樹(@Sight50Sky)です。

 

「読書は人生を豊かにする」

「だから本を読みましょう」

どこかで聞いたことありませんか?

 

f:id:kuunerudasu:20151210205856p:plain

申し訳ないけど、読書じゃ人生は変わらない。

読書をしたら人生変わる、そんなのは嘘だ。

 

恋愛の本を読み漁っても、実際に女の子に会わなければ彼女ができることはないですよね。それだったら合コンやサークルにいってウェイウェイしていたほうがよっぽど彼女ができる確率が高くなります(保証はしません)

 

合コンに行ってみて、上手くいかなかったら本を読んだり友人に相談したりして、またチャレンジすればいい。

 

つまり、行動に結びつかないで本を読んでいるのはただの時間の無駄。

 

本を読む→心に残ったり、考え方が変化したりする→行動が変化するというサイクルを通じて初めて読書が身になるわけで、本を読むだけで満足していたら人生なんて変わるわけありません。

 

それでもぼくが読書をする理由

否定的な書き方をしましたが、ぼくは読書が好きです。

 

人生を豊かにしたいから

せっかく生きるなら楽しく美味しく幸せに生きたいもの。行動に結びけることができれば、読書は新しい知識や考え方を得るためのツールになります。

 

人生変えるぞオラァ!って読む本。略してオラ本。

 

楽しいから

ぼくにとって人生で一番幸せなのは美味しいごはんを食べている瞬間ですが、それでもごはんを食べるのも忘れて読んでしまう本があるんです。ごはんより本。略してゴリ本

 

ぼくは主にオラ本とゴリ本を読んでいます。(だからこんなにゴツいのかも知れない)

心からおすすめの本6選

そんなぼくが選ぶ、おすすめのオラ本とゴリ本を6冊ご紹介します!

 

史上最高に切なくて儚い…「君の膵臓を食べたい」

 

衝撃的なタイトルからは予想できない青春小説。小説なので内容は控えますが、ページを捲る手が止まらなくなる。

 

ちょっと古臭い言い回し、絶妙な主人公と「彼女」の距離感。小説はあまり好んで読まないぼくですが、この本を読んで小説を見る目が変わった。

 

史上最高に切なくて儚いゴリ本です。(この文の違和感は傑作かもしれない)

 

知られざる世界のリアルを突きつけられる…「私はマララ」

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

  • 作者: マララ・ユスフザイ,クリスティーナ・ラム,金原瑞人,西田佳子
  • 出版社/メーカー: 学研マーケティング
  • 発売日: 2013/12/03
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

学校がつまんない人におすすめ。教育に携わる人には心の底からおすすめしたい。

 
パキスタンで自分よりずっと若い女の子が「学校で勉強する権利」を唱えてタリバンに銃撃される。史上最年少でノーベル平和賞を受賞した、彼女の知られざる戦いの記録。
 
当たり前すぎて気づかない現実を突きつけられる。教育の可能性を感じる本。 
「本とペンを持って戦いましょう。それこそが、私たちのもっとも強力な武器なのです。
ひとりの子ども ひとりの教師 一冊の本 そして一本のペンが、世界を変えるのです。」

               本書より

 

 

最高の講義がここにある!「20歳の時に知っておきたかったこと」

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (401件) を見る
 

高校生、大学生におすすめ。

 

スタンフォード大学の教授が、自分の人生を振り返って20歳の時に知っておきたかったことを書き起こしたもの。

 
日本の学校じゃ絶対に教えてもらえないこと。それなのに世の中を圧倒的な力で支配している、「お金」と「価値」そして「ビジネス」とは何なのか。
 
本当はその手の本は山ほどあるんだけど、この本は楽しく考えながら読める最高の教科書!
 
「いま、手元に5ドルあります。2時間でできるだけ増やせといわれたら、みなさんはどうしますか?」

                本書より

 

カネの亡者といわれたホリエモンの仕事観がまじで深イイ。「ゼロ」

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 圧倒的に大学生と社会人におすすめ。特に就活生は絶対に読むべき。

 

日本の起業家のパイオニア、順風満帆のヒルズ族から一気に獄中へ。

なぜ「お金」はホリエモンのところに集まるのか?彼の「仕事観」と「生き方」がシンプルで深すぎて感動。まさに「目からコンタクト」って感じ。

 
最高に面白くて、力をもらえる。

僕はマイナスになったわけではなく、人生にマイナスなんて存在しないのだ。失敗しても、たとえすべてを失っても、再びゼロというスタートラインに戻るだけだ。

               本書より
 
この本は書評をかいたのでこちらもぜひ。

www.minamisouju.com

                  

出社よりサーフィン!?「社員をサーフィンに行かせよう 」

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

 

 アウトドアが好きな人、そして会社に行きたくない!って人に超おすすめ。

 

超有名なアウトドアアパレルブランド、Patagoniaの創始者による一冊。

 
この会社、ぶっ飛んでる。
 
自然が好きなのに、自分の作る商品が自然を破壊すると気づいたら。それでもあなたはその商品を作り続けられますか?
出社時刻に、海でいい波が立っていたら。あなたは会社に行きますか?それともサーフィンしに行きますか?
 
心から自然を愛する者の決断やいかに…? 
 

人生はゲリラ戦だ!「ぼくは君たちに武器を配りたい」

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい

 

大学生、新社会人、読んでおいて損はない。

 
なにもかもがグローバル化そして機械化されていく世の中で、自分がどんな価値を生み出せるのか。この会社にいれば一生安泰っていうのは幻想でしかない。
 
ぼくは社会に出る前に、むしろ就活をする前に、この本に出会えて本当に良かった。
 「本書は、これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、ゲリラ戦のすすめである。」
               本書より
 

良い本は人生のスパイスのようなもの

これまで紹介してたのは、どれもぼくの考え方に大きな影響を与えている本たちです。
 
良い本というのは人によってバラバラではありますが、出会う本で気づきがあったり、すごく心が軽くなったり、読み返すとまた全然違う感じ方をしたりする。そんな本は、料理の味を際立たせるスパイスのように、人生を彩るものだと感じています。
 
人生のスパイスになる本を、ぜひ見つけ出してください!そして、誰かにプレゼントすれば、その人の人生にもスパイスを加えることができるはず。というか、それが本の良いところだよね!
 
それでは!written by 南蒼樹(@Sight50Sky).