読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

【PrayForParis】フランス国旗がハロウィンのゴミになる日。

オピニオン
シェアする!
【スポンサーリンク】

朝起きてスマホをひらく。
 
SNSで流れる#PrayForParis。
facebookに溢れるフランス国旗。
 
「こんなにたくさんの人がフランスのことを気にかけてる」というメッセージを受け取る。
 
同時に、流行りやファッションのように流れゆく雰囲気を感じて、「このフランス国旗もいずれハロウィンのゴミのようになるかもしれない」と思う。
 

f:id:kuunerudasu:20151115201107p:plain

心の広すぎる日本人

 
日本人の「なんでも受け入れる心」は並外れている。
 
海外では、食べるものから着る服、習慣すべてが宗教に基づいている。
いわば宗教は生活そのもの。
相容れない宗教観は戦争にさえ発展する。
 
そんなことを尻目に、お盆もクリスマスもごちゃ混ぜに楽しんでしまう日本人の心の広さは天下一品だ。
 
最近の流行りはハロウィン。
 
子供が仮装して「trick or treat」という文化を飛び越え、大の大人が仮装して一晩中騒ぎまくる「お祭り」へと変わった。
 
そして夜が明けて街に残るのは大量のゴミ。
 
本来仮装するはずの子供が、大人が仮装して散らかしたゴミを掃除することになる姿は、毎年の恒例行事になった。
 
たとえ本来の意味合いに無頓着であっても「楽しそうだから取り入れよう」というスタイルは、「楽しむだけ楽しんで、あとは無関心」とほとんど同じように感じる。
 
 

意味の薄れる「虹色の旗」

 
#PrayForParisやフランス国旗を見て真っ先に思い浮かんだのは、少し前にfacebookを埋めた虹色のプロフィール。
 
アメリカで同性婚を合法化するという判決をうけて、それを祝うという意味合いだった。
 
(ぼくはそんなことは知らず、なぜ友人のプロフィールがレインボーカラーになるのか分からなかった)
 
LGBT(レズ ゲイ バイセクシュアル トランスジェンダー)の多様性を表す意味で虹色の旗「レインボーフラッグ」が使われることに由来している。

f:id:kuunerudasu:20151115200550p:plain

 
ところで、プロフィールをレインボーにした人がLGBTについての理解があったのかというと、そんなことはないだろう。(もしそうなら日本のLGBTコミュニティはもっとメジャーなはずだ)
 
オシャレに見える、流行っている、といった理由で広がっただけじゃないのか。
 
LGBTの合法化を祝うという本来の意味合いを置き去りにして、「オシャレな虹色の旗」がひとり歩きする。
 
手段と目的が見事に逆転した瞬間だ。
 

フランス国旗はファッションアイコンじゃない

 

先日のパリ同時多発テロをうけて広がった#PrayForParisもフランス国旗も、ハロウィンのゴミのように忘れ去られる可能性は拭えない。

 
流行やファッションに流されて「受け入れ」られたものは、時間が経てばすぐに「無関心」の餌食になる。
 
#PrayForParisにフランス国旗。
それは、失われた人命への祈りであり、世界平和への意思表示だ。
 
流行に流されて拡散され、いずれ忘れ去られる一過性のものに過ぎないのだろうか。
 
人の命の重さは所詮、そんなものなんだろうか。
 
 

世界中からの#PrayForJapan

 
じゃあ、#PrayForParisやフランス国旗はただの流行で、なんの意味もないシロモノなのか。
 
ぼくはそうは思わない。
 
3年半前の東日本大震災のとき、海を越えて届いた#PrayForJapanは染みるほど嬉しかった。
 
世界中からのメッセージには、目には見えなくても、計り知れないパワーがあった。
 
だからぼくは、祈りでも意思表示でも祝いでも、「声をあげる」ことには意味があると思っている。
 
ただ、それが心のない「流行にのっただけの無関心」だとしたら意味はない。
 
#PrayForParisにもフランス国旗にも、意味を与えるのは自分自身だ。
 

Pray For Paris

 
最後に、facebookのプロフィールをフランス国旗にする方法を。
 
まず、ブラウザでfacebookにログイン。
タイムラインで、フランス柄にした友達の「プロフィール画像を変更しました」という投稿の下にある「試す」ボタンから設定できる。
 
元に戻すにはプロフィール画像の編集から。
 
また、フランス在住の友人の安否も通知から確認できる。
この機能のおかげでいちはやく友人の安否を知ることができた(被害者はいなかった)。
 
祈るだけでテロや被害が解決するわけではない。
それでも、フランス国旗に変えたプロフィールに、フランスの友人から「thanks, my friend」とメッセージが届いた。
 
大丈夫、届いてる。Pray For Paris.
 
written by 南蒼樹(@Sight50Sky)