読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

iPhone7ブラックのデザインを6と比較しながらフォトレビューする

iPhone/Mac iPhone/Mac-レビュー ライフハック ライフハック-おすすめ/もの
シェアする!
【スポンサーリンク】

2016年9月に発売され、Apple Payや防水など、機能面で大幅なアップグレードのあったiPhone7。先日ぼくの手元にも届いたので、デザイン・見た目を徹底的にフォトレビューしてみる。なお、比較モデルは今ぼくが使っているiPhone6。

f:id:kuunerudasu:20161126142451j:plain

iPhone7のアクセサリーはイヤホンに注目!

f:id:kuunerudasu:20161126142515j:plain

開封の儀とかは正直どうでもいいと思うので省略。まず箱の中身はこんな感じ。本体と充電アダプタ、イヤホン、充電ケーブル(イヤホンの下にある)。一番右の白い封筒みたいなヤツの中身はsimを出し入れするのに使うピンとか、ステッカーとか。

 

f:id:kuunerudasu:20161126142432j:plain

このなかで特に注目すべきはイヤホン。iPhone7から、従来のイヤホンジャックが排除されてライトニングケーブルになった。

とはいえ今使っているイヤホンが使えなくなるわけではなくて、同封されているアダプターを使えばOK。

f:id:kuunerudasu:20161126142426j:plain

f:id:kuunerudasu:20161126142416j:plain

ちなみにこの状態でiPhone6でも使えるのか試したところ、使えなかった。

他のアクセサリーについては特筆すべき点はなく、少し包装が変わったくらいで今までと一緒だ。

 

iPhone7ブラックの本体フォトレビュー

ここからいよいよ本体。▽全体。カラーはブラック(ジェットブラックではない)。

f:id:kuunerudasu:20161126142150j:plain

f:id:kuunerudasu:20161126142156j:plain

液晶もフレームも本体も黒で、全体的に引き締まった感じ。本体サイズは全く同じはずのiPhone6のスペースグレイと並べたら、少し小さいような印象を受けた。

▽ホームボタン。見た目は今までと全く同じ。

f:id:kuunerudasu:20161126142239j:plain

 ▽背面デザイン

f:id:kuunerudasu:20161126142334j:plain

f:id:kuunerudasu:20161127181711j:plain

背面については、6世代で背面を横切るように配置されていたライン(カメラ下と底部の2本)がなくなった。個人的にはこのラインはダサイと思っていたので嬉しい(カーブに沿った部分は残っているが、ブラックだとラインと本体の色調が似ていて目立たない)。

また、「iPhone」の文字の下にあった色んなマークもなくなってスッキリ。逆に、「Designed by Apple...」の次の行になぜか「総務省指定」の文字列が追加。

 

▽上から上面・右辺(ホームボタン/SIMスロット)。従来と同じ。

f:id:kuunerudasu:20161126142208j:plain

f:id:kuunerudasu:20161126142212j:plain

▽ボリュームボタン・サイレントボタンのある左辺。

f:id:kuunerudasu:20161126142223j:plain

f:id:kuunerudasu:20161127225703j:plain

6世代にはあった左辺のボリュームボタンまわりにあった凹みがなくなった。そもそもこの凹みには意味があったんだろうか…

▽底面

f:id:kuunerudasu:20161126142217j:plain

f:id:kuunerudasu:20161128000036j:plain

底面は、先述の通りイヤホンジャックが排除され、充電もイヤホンも真ん中のライトニングケーブルジャックから行うことになった。なので、充電しながらイヤホンで音楽を聴くことはできなくなった(Bluetoothイヤホンやスピーカーを使えば聴ける)。

一方でイヤホンジャックを排してできたスペースにスピーカーが追加。一瞬聴いた感じでは音質が飛躍的に良くなった印象だった。

 

iPhone7のカメラ周辺フォトレビュー

f:id:kuunerudasu:20161126142325j:plain

f:id:kuunerudasu:20161127181705j:plain

まずレンズの大きさが6と比べてひと周り大きくなった。少し分かりずらいが、位置も全然違う。また、6ではレンズ部分だけ不自然に突出していたが、7ではホディに曲面を作って埋め込まれたようになっている。

サイズこそ同じだが、iPhone6のケースをそのまま7で使うことはできないので注意が必要だ。

f:id:kuunerudasu:20161126142313j:plain

フラッシュ時に使用するレンズ横のLEDライトは2つから4つに倍増。フラッシュ時の光量は単純に2倍になることになる。

f:id:kuunerudasu:20161126142145j:plain

▽インカメ周辺

f:id:kuunerudasu:20161126142244j:plain

インカメは見た目では6との違いが分からなかったが、スピーカー上の丸いもの(センサー?)が1つ追加。6ではスピーカー直上の1つしかなかった。なお、インカメ性能はかなり向上したと言われているので後日改めてレビューしたい。

 

まとめ

6と比較して変わったことをザックリまとめると以下の3つ。

■イヤホンジャックが廃止されてライトニングケーブルに統合

■背面のラインが消えてスッキリしたデザイン

■カメラの位置やサイズがアップデート。本体サイズは同じだが6のケースは非対応

今回はデザインや見た目のみをレビューしたが、全体的に「シンプルさ」を突き詰めたアップルらしい製品で、デザインセンスも明らかに6より向上。まだ1日しか使っていないが使用感もかなり良いので、使用レビューやカメラのレビューもまた別途書いていこうと思う。