くうねるだす

Exploring My Nature

不要品で30万稼いだ、メルカリ出品の8つのコツ

 メルカリでの出品は、「安くてもいいから早く売りたい」「できる限り高く売って利益がほしい」といった、人によって色んな出品スタイルがあって、そういう出品スタイルによって売るためのコツは変わってくる。
 
僕はその中間、「少し手間はかけても、自分が納得できる適正な値段で売ること」にフォーカスしてメルカリを利用してきた。使わなくなった不要品のみを出品して総売り上げは35万を突破し、今でも伸び続けている。
 
この記事では、僕が出品するときに気をつけているポイントや売るためのコツについて具体的に解説していく。【最終更新:2017.09.17】

メルカリ出品の8つのポイント

メルカリのロゴ

この記事では、メルカリ出品のコツを次の8つのポイントに分けて説明していく。

・出品するべきものとそうでないもの

・商品写真の重要性と撮影のポイント

・タイトルのつけ方とテクニック

・商品説明の書き方

・値段設定と値下げ交渉いついて

・売れないときにすること

・商品についたコメントへの対応

・信頼と評価について

最後には、実際のメルカリ出品のサンプルを載せている。それぞれ単体でも理解できる内容に分けたため、必要に応じて読み進めてほしい。

 

メルカリ出品のコツ1. 売るものを見極める

できるだけ少ない労力で売り上げを上げるためには、メルカリの特徴を把握したうえで出品するものを見極めることが大事。

要らないものだからといって片っ端から出品すれば、手間も手数料(出品は無料。売れたときに販売額の10%の手数料が発生)もかかって面倒だ。具体なチェックポイントは以下の2つ。

 

1-1. 売り上げ1000円以上で取引できること

メルカリは、出品から取引完了までトータルで見るとそれなりに時間も労力もかかるので、1000円以上で取引できることを最低条件とした。

例えば何かが1000円で売れたとして、実際の利益はメルカリ手数料100円と送料を引いた額、つまり送料が300円なら利益は600円になる。1000円以下の取引のコスパの悪さが伺える数字だと思う。

 

実際にメルカリに出品されている類似品をチェックしてみて、1000円以上で売れそうなものだけ出品する。

もしこの基準に満たなくても、使えるもはリサイクルショップで売ったり知人に譲ったりして、汚れが目立つ場合(たとえ100円でも自分が欲しくないもの)は捨てる。

 

リサイクルショップはお店によって査定額が大きく異なることがあるので要注意。

参考:リサイクルショップって客のこと完全になめてるよね

 

1-2. 梱包、配送に困らないこと

メルカリでは、売れたら出品者が梱包・発送までする必要がある。売れたはいいけど梱包するのがやたらと面倒だったり、重くて発送に困るようなものは手間も送料もかかってコスパが悪い。

 

特に家具などはこの部類に入るけれど、そういったものはメルカリではなくジモティーを使って売却すると良い。ただし、ジモティーはわりと「タダでもいいから引き取ってくれ」という人が多いので、あまり「売る」を意識しない使い方がベター。

参考:まだ不用品で消耗してるの?ジモティーでお得に断捨離しよう

 

実際にメルカリでは、大きな商品向けに梱包から配送までを業者がやってくれる「大型らくらくメルカリ便」というサービスがあるけれど、発送料が最低で4000円かかるため、高級家具の数万円の取引などでない限り、ほとんど利益にならない。

 

メルカリ出品のコツ2. 商品の写真は超重要

「人間が受け取る情報の8割は視覚から」という話は有名だけど、出品する商品の写真はめちゃくちゃ大切。特に、出品物一覧が写真で表示されるメルカリにおいて、売れるかどうかは写真にかかってるといっても過言ではない。

 

2-1. アイキャッチ画像で差別化しよう

アイキャッチ(出品時の1枚目の画像)には徹底的にこだわること。現在のメルカリの商品一覧画面にはアイキャッチと値段しか表示されないからだ。逆にいえば、アイキャッチで「これ良いかも」と思わせることできれば、売れる確率は飛躍的にアップする。

 

◆背景をキレイに

どんなにいい商品でも、背景にぐちゃぐちゃの部屋やホコリだらけの床が写っていたら、絶対に買いたくならない。

◆ピントをしっかり合わせる

ブレブレの写真じゃ何が何だか分からない。ピント合わせるワンタップを惜しまないこと。

◆明るいところで撮影する

暗くてよく分からないのも典型的なNGパターン。明るい方が商品の細部まで写るので好印象。

◆加工してフォトジェニックに

同じ商品でも写真がオシャレな方が多くの人に見てもらえる。全ての出品でここまでこだわる必要はないけれど、「これは!」という出品ではこだわるべし。

 

ちなみに、メルカリの出品写真はインスタグラムのような正方形なので、予想外のところで商品が見切れたりしないように注意しよう。

 

2-2. 2枚目以降の写真で「商品の状態を伝える」

商品の状態がいちばん直感的に伝わるのが写真。アイキャッチ以外の写真は商品の状態を伝えたり、セールスポイントをアピールするために使う。

全体が分かる写真、実物の色に近い写真、傷がある場合は傷周辺の写真など。メルカリの出品写真は4枚までなので、制限枚数で適切に商品情報が伝わるように気をつけよう。

 

メルカリ出品のコツ3. タイトルも大事

タイトルには、商品名だけでなくアピールポイントも追加。同じものでも、タイトルで印象は大きく変わる。例えば次の3つであれば、一番下のようなタイトルに。

■「パーカー」

■「North Faceのグレーのパーカー」

■「【新品未使用】North Faceのグレーのパーカー メンズL」

 

具体的なポイントは次の3つ。

■セールスポイントは【】などで強調

■ ブランド名は絶対入れる

■ 商品名・サイズ・色を簡潔に入れる

 

特にセールスポイントの強調ができてない出品者は多いため、それを書くだけで差別化できる。セールスポイントは例えば「新品」や「美品」など商品の状態のほか、「コラボ」や「限定」などの希少性、「送料込み」といったサービスなどなど。

 

メルカリ出品のコツ4. 説明文の書き方とテクニック

説明文は細かければいいわけではなくて「分かりやすさ」と「安心感」が大事。 

4-1. ブランド名の表記は出品タイトルと商品説明で変える

メルカリだと「North Face」と「ノースフェイス」では検索結果が違う。(単純に、タイトルや説明文の文字列と検索ワードの文字列だけで検索するシステムなのだと推測)

なので、ブランド名で漏れがないようにするためにタイトルには「North Face」で書いても、説明文では「ノースフェイス」と書く。表記を変えることで、どちらの表記でも検索にヒットするようにする。

 

4-2. 分かりやすい商品説明のテンプレート

僕のメルカリ出品の説明文は以下のテンプレに集約される。

■ブランド名と商品名や型番(分かる範囲で)

■商品の色、サイズ、スペック

■商品の状態

■セールスポイント、特徴

■不具合や悪いところ(あれば)

 

実際のメーカーサイトに書いてある商品説明を参考にするのもアリ。

 

4-3. +αの情報で「安心感」を出す

余裕があったり、高額で売りたい商品は安心感を出すためにもう少し情報を加える。

■どんな風に使えるのか、どんな風にユーザーにメリットがあるのか

■自分の使用状況や用途、使用頻度、購入時期

■出品した理由(引越しなど)

 

例えば購入が半年以内なら、「今年の夏に購入したものの、使用機会がなく新品未使用です」などと書けば「新品未使用」というセールスポイントを補強することができる。

他にも、これらの情報をあえて開示することで「この人はウソはつかなそうだ、信頼できそうだ」と思ってもらえる。もちろん書くことは事実のみに限る。

 

メルカリ出品のコツ5. 値下げ交渉と値段設定

メルカリはユーザーが値引き交渉をガンガンしてくるのがとても特徴的で、取引が成立すると手数料(売り上げ金額の1割)もかかるので、それらの点も踏まえて「売りたい値段」と「設定する値段」を調節する。

 

5-1. 出品する商品をメルカリで検索して価格帯をリサーチ

出品する前に、すでにメルカリに出品されているものや過去の取引を検索して相場を掴む。

そうすることで、自分の商品がどのくらいの値段なら売れそうか大体イメージがつくはず。もちろん、新品など強いセールスポイントがあれば相場よりも高くても売れるし、逆に状態があまり良くなければもう少し割安にしようか、など考える基準になる。

 

同じ商品がメルカリ内でなければアマゾンなどで相場を調べるのも一手。

 

5-2. メルカリ特有の値下げ交渉を前提に価格を設定

例えばリサーチで、類似のパーカーの出品物が7000円、取引成立した商品が5000円だった場合、相場は5000-7000あたり。

 

ここで最終的に5500円で売りたい時は、値引き交渉されることを前提として6000円〜6500円くらいで設定する。

また、ブランドの認知度が低ければ検索する人が少ないことが予想できるので、気長に待つ、もしくはガッツリ値下げも視野に入れておくこと。

 

 

メルカリ出品のコツ6. 売れない時は値下げや再出品

出品して数日待っても売れないときは、値下げもしくは再出品する。

メルカリは新しい出品ほど上の方に表示される仕組みのため、時間が経って下の方に埋もれてしまうのを防ぐためだ。たくさんスクロールして遡らないと表示されない投稿は見てくれる人が格段に減り、売れる見込みは急落する。

 

 

出品した商品の出品を一時停止し、新たな出品ページに必要な情報をコピペして再出品するか、値段を下げる。

 

メルカリの「出品した商品」を見れば、出品物それぞれに対して見られた数やお気に入りの数、コメントの数が表示される。ビュー(見られた数)は多いのにお気に入りが少なかったり、お気に入りは10件以上ついているのにコメントがない場合は、価格設定が高いことが多い。

 

メルカリ出品のコツ7. コメントは「消さない」

取引の成立しなかったコメントや、値下げ交渉のコメントは消す人が多いのが現状だけど、僕は敢えて「コメントは消さない」ことにしていた。

 

買い手からしたら、消されたコメントは不気味でしかない。なにか都合の悪いことがあって、それを隠したいから消したんじゃないか、と。過去のコメントを消したことで何度も同じ質問をされることもある。

 

非常識な値下げ交渉はきっぱりと断ればいいし、ぶっきらぼうなコメントにもきっちり丁寧に対応する。そうしていけばコメントは「消さないと恥ずかしいもの」ではなくて「興味をもってくれた人に対して信頼を与える1つの情報源」になり得る。たかがコメントでも、その使い道はあなた次第だ。 

 

メルカリ出品のコツ8. 取引評価で信頼を得る

メルカリは取引完了後に、出品者と購入者がお互いを評価することができる。ここで低評価をもらうことは絶対に避けよう。買い手に信頼してもらうための一番手っ取り早い方法が、出品者の過去の取引評価をチェックすることだからだ。

 

ここで一つでも低評価があると、信頼してもらえる確率は一気に下がる。

僕自身、メルカリで購入を迷った時には出品者の取引評価をチェックし、低評価がある場合はどんなに良さげな商品でも絶対に買わない。

 

取引が終わるまではこまめに連絡して、梱包には気を使う。そして、「ありがとうございます」をしっかり伝えること。特別なことはしなくても、そういう基本的なことをキッチリやれば高評価が貰える。

 

メルカリにおける取引評価と信頼はイコール。同じ商品を、信頼できる友人と怪しいおじさんが売っていたらどっちから買うか、自ずと答えは出るはずだ。

 

あまりにも非常識な相手に当たった時は、取引が終わってから相手を低評価にすればいい(メルカリは双方が評価し終わるまでお互いの評価は確認できないので、その点は気にする必要はない)。

 

メルカリの出品サンプル

これまでのポイントを踏まえて、実際に作成した出品サンプルはこちら。

 

商品タイトル

【美品】マウンテンエクイプメント スコールフーディッドジャケット メンズS

差別化ポイントとブランド名、商品名とサイズをタイトルに。ちょっと長すぎるから商品名は省略してもいいかもしれない。

 

惹きつけるためのアイキャッチ

メルカリ出品の写真サンプル

綺麗な背景、十分な明るさの元で商品全体が映るように撮影し、インスタグラムを使ってフィルタ加工した。もちろん、部分的に写した写真でも問題ないが、出品に使う4枚のうち、1枚は商品全体を写したものを入れる。

 

服を撮影するときは、平置きでベタッと広げるよりも、実際に着ているようなシルエットを見せた方が綺麗にまとまる。

 

商品の状態を伝える写真

メルカリ出品の写真サンプル

2枚目以降の写真はこのようにした(便宜上1枚にまとめたが、実際には3枚の写真)。

上の写真(2枚目)は「実際の商品に一番近い色」、左下(3枚目)は「汚れ」、右下(4枚目)は「アピールポイント」の写真。これらを使って、商品説明に信憑性をもたせていく。

 

分かりやすさ重視の商品説明

mountain equipmentのソフトシェルジャケット「Squall Hooded Jacket」メンズSサイズ(海外サイズのためすこし大きめ)。

カラーはブルー(実際の色に一番近いのが写真2枚目)で、ファスナーを斜めに配置することで、他のウェアのファスナーと干渉しません。

ポケットは左胸の1つ。ストレッチ性・撥水性に優れたソフトシェルで、動きの大きいクライミングや登山でもストレスはありませんでした。

 

ポケット部分に小さな汚れ(写真3枚目)がありますが、それ以外は全体的に綺麗で、3回着用したのみの美品です。

 

薄くて軽く、収納サイズは500mlのペットボトルと同じくらいコンパクトになるので邪魔になりません。専用洗剤にて洗濯・撥水加工済み。都合により発送は9/20~を予定しております。よろしくお願いします。

まずブランド名と商品名、カラーやサイズを簡潔に。タイトルでカタカナ表記したブランド名と商品名は、こちらでは英語表記にする。

 

商品のメリットとデメリットを、写真を使いながら説明していく。最後にすぐに使える状態であることと、発送予定を公開して安心感をプラス。

 

コメントへの対応も誠実に

Q:こちらの商品、お値下げ可能でしょうか?

A:コメントありがとうございます。申し訳ないのですが、出品したばかりのためしばらくこの値段で様子を見たいと思います。現在の価格でご検討お願い致します。

いきなり回答を始めるのではなく、コメントをくれたこと、興味をもってくれたことに対して、まず「ありがとうございます」などの一言を。もし質問者が購入してくれなくても、見ている他のユーザーは「丁寧な人だ」と印象を受けるはず。

また、値下げするつもりがない場合はキッパリと断ること。

 

取引メッセージはこまめに、丁寧に

・(売れた直後)ご購入いただきありがとうございます。9/20にゆうパックにて発送予定ですが、お届け希望日や時間帯などはありますか?よろしくお願い致します。

・(発送した後)本日ゆうパックにて発送しました。追跡番号はxxxxx、到着は明日の14時〜16時の予定です。よろしくお願い致します。

 売れたあとの挨拶や、こまめな連絡を怠らないこと。配達日を指定できる発送ならば、希望を聞いた方がベター。

発送予定日・発送手段・追跡番号・到着予定日などはきちんとシェアし、購入者をできるだけ安心させてあげること。

 

まとめ:メルカリも人付き合いだということを忘れずに

長文になってしまったけれど、裏技みたいなことは何一つ書いてない。

むしろ、タイトル・写真・説明文にどれだけこだわれるか、コメントやユーザー同士のやり取りをどれだけ丁寧にできるか。

 

オンラインだからこそ、「気づきやすさ」「分かりやすさ」「親切さ」といった当たり前のことが大切になってくると思う。

 

written by 南蒼樹(@Sight50Sky).