読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

「常識を疑え」は最高の遠回り!社会を逆走して分かったこと

オピニオン 大学生 大学生-大学生活
シェアする!
【スポンサーリンク】

「常識を疑え」という言葉がある。

それって「常識は偏見だ」って言っているように見えるけど、実は常識ってわりと正しいから疑うのってマジ遠回りじゃん。って話。

でも、それはそれで最高じゃん。

free-from-common-sense

常識を疑うことの落とし穴

常識って要は「当たり前」のこと。
 
お金を払って移動するのが当たり前。
大学を卒業したら就職するのが当たり前。
 
ぼくはそんな「当たり前」に疑問を感じて、ヒッチハイクをしたり、ダイビングの道に進もうと考えたりした。それでも結局、「社会人になってヒッチハイクはしたくない」と感じ、就活という道を選んで、世に言う「当たり前」に行きついた。
 
「常識」を疑った末に「常識(=当たり前)」に行きついたわけで、「常識を疑う」ということは「常識は間違いだ」「常識は偏見だ」って決めつけることとは違うと気づいた。
 

常識は案外正しい

ほとんどの「当たり前」は、淘汰されて残ってきたから「当たり前」なわけで、今さら疑う余地がない。例えば、「いい大学に行って有名企業に入れば将来安泰」というのは「安定してて、取りこぼしのないレール」として正しい。
 
「専門家の意見よりも、知識のない群衆の意見をまとめたものの方が実は真実に近い」というのは研究として科学的にも証明されていて、「みんなの意見は案外正しい」って本に書いてます。
「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

  • 作者: ジェームズ・スロウィッキー,小高尚子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 15人 クリック: 203回
  • この商品を含むブログ (48件) を見る
 

 

だから、やたらめったら常識を疑ってかかると、結果的にすごく遠回りになる。ぼくはその典型ですが、じゃあ常識を疑わずに当たり前に流されればいいかといえば、それは絶対に違う。
 
常識を疑うのはただの遠回りじゃなくて、それを通してしか分からないことがあるんです。だからぼくは「常識を疑え」の本当の意味は「常識が間違っている」んじゃなくて、「疑うことがめちゃ大事」って意味だと考えました。
 

「常識を疑う」ことの2つの意味

当たり前に逆らうという遠回りをして、そこに2つ大事な意味があることに気づいた。
 

1.後悔しないためには、自分で決断するしかない

 
まわりの雰囲気とか流れに乗って「決めた」ことって、自分の決断じゃない。だから、何か嫌なこととか辛いことがあったらすぐに人のせいにしちゃう。
 
例えば、まわりの友達がテスト前にヤマ張って英単語の勉強しかしなかったとする。自分もその流れで英単語頑張る。なのにテストではリスニングしかでなかったら、「なんで英単語って言ったんだよボケ!」ってなりますよね?
これが、自分で絶対に英単語でる!って確信してやったんだったら、「しょうがないか。」ってなりますよね(なるのかな)。
 
例えは雑ですが、要は人に流されてるとコケたときに納得できすに人のせいにする。そして自分の意志で決めなかったことを後悔する。人を責めて、自分も責めるわけです。これって最悪。
 
後悔しないためには自分で決めるしかないんです。で、「当たり前」に流されてたら「自分で決める」ことができない。
 

2.ワクワクする選択肢の数だけ心の余裕がもてる

 
ぼくが常識を疑って気づいたのは、「ドロップアウトしても全然生きていける」ってこと。自分がドロップアウトしたとかどうとか考えていたわけではなくて、単純に、もっと色んな選択肢あるじゃん!ってこと。しかも就職以外の選択肢は単なる「逃げ道」みたいな憂鬱なモンじゃなくて、めちゃくちゃ楽しそうに思えた。
 
選択肢って、疑わないと見えないんですよ。だって、大学卒業したら就職するのが世の「当たり前」だから。
 
就職以外にもワクワクするような選択肢がいくつもあったから、就活が上手くいかなくたって死なないって心の余裕があったし、むしろそれはそれで楽しいことがあると思ってた。だからこそ就活自体も楽しめた。
 
自分の置かれた状況を楽しむっていうポジティブな面だけじゃなくても、そういう心の余裕ってわりと大事で、プレッシャーに潰されちゃいそうな人って沢山いる。だからこんなに裕福な日本でものすごい数の自殺者がいるんだとも思う。
 
選択肢は広いほうがいい。だって、ワクワクするものが色々あったら自動的にワクワクしちゃうじゃん?
選択肢が多すぎて困ることはない。自分の意思で動けば動くほど自分の好きなこと嫌いなことが分かって、「選ぶ」のが上手くなるから。
 

常識は疑ってナンボ!

結局のところ、当たり前を疑いまくって、見えるもの斜めに見てみて、最終的に当たり前なことしてたら、それは傍から見たらただの遠回りでしかない。
 
でも「疑う」って遠回りをしただけで、自分のやってることに後悔しないでワクワクして生きていけたら、それって最高じゃん。
 
だから、「世の中の当たり前は偉大かもしれないけど、そんなこと気にせずに大いに疑ってよろしい。」
 
そんなことを感じた週末の夜。
みんなの意見は案外正しい!
「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

  • 作者: ジェームズ・スロウィッキー,小高尚子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 15人 クリック: 203回
  • この商品を含むブログ (48件) を見る
 

 

 
それではー!written by 南蒼樹(@Sight50Sky).