読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

静岡ランチなら「浜のかきあげや」の桜えびが超おすすめ!

旅行 旅行-国内 食べる 食べる-食レポ
シェアする!
【スポンサーリンク】

静岡といえば静岡おでんにさわやかのげんこつハンバーグ、お茶や浜松餃子など数多くの美味しいものを擁するグルメ県ですが、海の幸を忘れてはいけません。

 

本日は静岡を訪れた際には絶対寄って欲しい、海の幸を心の底から味わえるおすすめのお店をご紹介します。

sakuraebi-kakiage-don

由比の「浜のかきあげや」で桜えびを食べよう

 静岡といえば駿河湾。

そして駿河湾といえば桜えび!

 

本日ご紹介するのは、由比にある「浜のかきあげや」。このお店、漁協が経営しているんです。つまり漁師さんほぼ直結ってことですよね。

 

海の幸は鮮度が命なので、アツすぎる!と、ひとりで盛り上がりながら車を走らせる。めっちゃ狭いトンネル(写真とる余裕なし)をくぐって、到着。

 

店の目の前はなんと…

 

 

海!

f:id:kuunerudasu:20151202141616j:plain

の上にひしめく船!

船がたくさん停まってます。

長野県民のぼくは海を目の前にして感激していました(長野県民あるある)が、食べる前に感動するのはまだ早い。電車の場合は由比駅から徒歩10分です。

 

「浜のかきあげや」大人気!

すみません。最初に謝っておきます。海でテンションが上がりすぎて写真とるのわすれました…

 

さすが桜えびパワー、駐車場には県外の車もたくさん。日曜日の13時すぎでしたが、店の前にはが30人ほどの行列ができてました。

 

けっこうかかるかもなーという不安をよそに、行列はどんどん進んでいきます。回転良すぎ。30人の列はあっという間に注文口まで近づきます。

f:id:kuunerudasu:20151202141715j:plain

お店の外観はこんな感じ。お店というよりもでっかい屋台みたい。壁の外側にメニューや営業日がペタペタ貼ってあります。

 

(毎回このスカートのお姉さんが写りこんでるけど、決してあんなことやこんなことをしていたわけではないので誤解のないようお願い申し上げます。)

 

メニューはこんな感じ。

f:id:kuunerudasu:20151202141646j:plain

写真つきで丁寧。

完売が多いのはさすが人気店ですね。桜えびドーナツ食べてみたかったなあ。

f:id:kuunerudasu:20151202141701j:plain

かきあげ丼と桜えびのみそ汁を選びました!

 

注文してお金を払う(屋台と同じ感じ)と、受付のおばちゃんが「◎*▽※!」と聞き取れない言葉を叫び、何事かと思って身構えていると「はい、かきあげ丼とみそ汁ね~」といってなにやら美味しげなものを渡してくれました。

 

桜えびを贅沢に使いすぎたかきあげ丼、現る。

そう。おばちゃんのくれた美味しげなやつのためにぼくは長野から6時間かけてはるばるここにきたのです(30%くらいマジです、6時間は大マジです)
 
そんなかきあげ丼は、こちら。

f:id:kuunerudasu:20151203190503j:plain

桜えびの扱い雑か!!!

 

海なし長野県民にとって、桜えびなんて恐れ多くてかきあげになんてできません。しかも、2枚も!

 

若干の殺意は置いといて、いただきます!

 

「…。」

 

美味しすぎて言葉が出ませんでした。

殺意は吹っ飛び、いつの間にか幸せの海に浸ってました。

f:id:kuunerudasu:20151202141740j:plain

言い忘れましたが、海(というより船)を見ながら食べられます。

ロケーションも抜群ですね!屋根のある席もあるのでお好みで選べます。

 

因みに、30人の列に並んでからイタダキマスまででかかった時間は20分でした。恐るべき回転の速さ。ラーメン屋のバイトをしているもぼくもその速さに圧倒されました。

 

そして、桜えびのかきあげの美味しさには本当に言葉が出ませんでした。

 

強いて言うなら、「生きててよかったあ!!」でしょうか。

 

 

ほんとに美味しいので、静岡でランチするならこれを食べないと損です。というか、ランチしかやってないからね!

 

その他情報

桜えびの漁期とそれ以外で営業日が変わるので事前に要確認です。営業日、営業時間(ランチのみ)共に限られるレアなランチです!

 

定休日:月曜日

営業時間:10-15時 

 

静岡を訪れた際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

食べログはこちら↓

tabelog.com

 

ホームページはこちら↓

yuikou.jp

 

アクセスマップはこちら↓

 

それでは!

 

written by 南蒼樹(@Sight50Sky).