読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

手作り餃子の作り方!500円で皮モチモチの最強レシピ

食べる 食べる-レシピ
シェアする!
【スポンサーリンク】

誰しも「美味しい餃子をお腹いっぱいになるまで食べてみたい!!!」って思ったことありますよね、異論は認めません。

 

とはいえ、お店でバカ食い!なんてオトナの品格を傷つけるようなマネはできません。(というか、単純にお金がなかった)

 

というわけで、オトナの品格を落とさずに、財布にも優しくて(500円)、お腹いっぱい美味しい餃子を食べたいあなたはこのレシピを見るべし!

f:id:kuunerudasu:20160107212635p:plain

完成図はこんな感じっ!

 

今回は皮から手作りするレシピですが、市販の皮を使う場合は必要な部分だけ拾っていってください!

目次

皮から餃子を作るのに必要なキッチンアイテム

必要なキッチン用品のリストはこんな感じ。

■包丁、まな板

■ザル、ボウル(ボウルは2つ以上あるとスムーズに作れる)

■ケトル(お湯を沸かせれば何でも可)

■フライパン

麺棒

f:id:kuunerudasu:20151014213006j:image

麺棒ってこういうやつ!今回は皮を伸ばすのに使います

 

【麺棒】

ただの棒っぽい見た目とは裏腹に、クッキーの生地を伸ばしたり、お肉を叩いて柔らかくしたり、バットの代わりにしたりできるとてーーもありがたいアイテム。


なければラップの芯などで代用可。

 

手作り餃子の材料(32個分)

モチモチ!餃子の皮の材料(市販代用可)

■強力粉 150g
■薄力粉 50g
■お湯 110ml
■塩 ひとつまみ
 

ジューシー!あんの材料

■豚ひき肉 250g
■キャベツ 1/4
■ニラ 1/2束
■ねぎ 1/3本
 

手作り餃子に必要な調味料たち

■砂糖・ごま油・酒 大さじ1
■醤油 大さじ2
■塩 小さじ1
 

餃子のたれ

酢と醤油をお好みで混ぜるだけ!

材料とキッチンアイテムがそろったら、早速作っていきます

1.モチモチ!餃子の皮のレシピ

a.皮の材料を混ぜて休ませる 時間目安:5分

■強力粉と薄力粉、塩をボウルに入れお湯を注ぎ混ぜる。

■手で触れる温度になったらこねる。
■生地がなめらかになったら丸くまとめ、ラップをかけて1時間ほど休ませる。
 

f:id:kuunerudasu:20151014212954j:image

なかなか簡単、ここまで5分くらい。

餃子の皮を休ませてる間に、2の「あんを作る」を先にやると時短になるよー!

 

b.休ませた餃子の皮を等分して、麺棒でのばす 時間目安:20分

この手順では生地が手やまな板にくっつかないように、打ち粉(まな板や生地の表面に軽く小麦粉をふること)をしながら進める!

 

■休ませた生地を4等分して、棒状にする。
■それぞれ8個を目安に切り、丸くして手のひらで軽くつぶす(写真左上)

f:id:kuunerudasu:20151014213028j:image


■つぶした生地を、麺棒を使って丸く伸ばしていく。餃子の皮っぽくなれば成功!

 

※出来上がった皮を重ねる時には、これでもかというくらいに皮を小麦粉まみれにすること。
じゃないとくっついて世界が終わる。

さすがにそれは嘘だけど、メンタルは確実に崩壊します(経験済み)

 

2.餃子の中身、「あん」の作り方 時間目安:15分

■キャベツ、ニラ、ねぎをみじん切りにして、軽く塩をふって混ぜておく。
■ひき肉に調味料を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる
■みじん切りにした野菜をぎゅっと絞って水気を切り、肉に加えて手早く混ぜ合わせる
■しばらく休ませる(これはなくてもOK)

f:id:kuunerudasu:20151014213016j:image

こんな感じになってればOK!

3.餃子の皮にあんを包んでいく 時間目安:30分

■指先に水をつけて、皮の縁を水で濡らす。
■皮の真ん中に中身を乗せる。スプーンを使うとやりやすいよ

f:id:kuunerudasu:20160107221443j:plain

 

■包む。ひたすら包みまくる。

f:id:kuunerudasu:20160107221444j:plain

 
こんな感じになればOK!

f:id:kuunerudasu:20151014213040j:image

 

 

4.皮パリパリ、中ジューシーに焼きあげる! 時間目安:10分×回数分

■お湯を用意しておく
■フライパンを熱し餃子を並べる。餃子の1/4が浸かる位のお湯をいれ蓋をする。強火!
■水気がだいたい飛んで餃子の皮が全体的に透明っぽくなってきたら蓋をとり、弱火にする
■フライパンの縁から少しごま油を回し入れる
■焼き色がついたら取り出して完成!

f:id:kuunerudasu:20151014213056j:image

完成でーす!!

これが500円に収まるからコスパ良すぎ!

皮から手作りした材料費を計算してみた
 
■強力粉・薄力粉…1kgで200円なので約40円
■ひき肉…300円
■キャベツ1/4…25円
■ねぎ1/3…30円
■ニラ1/2束…70円
 
40+300+25+30+70=465!!ワンコインで収まっちゃう。
 
ちなみに、ラーメン屋だと5個で300円くらいするからこれはコスパいいと言わざるを得ない!
 

まとめ

■餃子を手作りするとめちゃくちゃコスパいい!
■ただし時間がかかります(皮を休ませる時間含めて2時間ほど)
■みんなで餃子パーティー!とか、家族で餃子つくろ!ってときにおすすめ
■これで心おきなく餃子を食べられるぞ!!
 
こんな感じ!それでは!
written by 南蒼樹(@Sight50Sky).