読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

アナリティクスの罠!直帰率が異常に低い時は設定ミスかも

ブログ ブログ-ブログ運営
シェアする!
【スポンサーリンク】

Google Analyticsの直帰率が異常に低い時とか、ページ/セッションが高すぎる時はアクセスの重複カウントをしてるかも!

 

先日のゴタゴタの反省も踏まえて、はてなブログのアナリティクス設定について書いていく!

setting-of-google-analytics

 

アナリティクスの重複カウントが怖すぎる

別にアクセス解析がミスってたくらいじゃ、データがおかしなことになるだけで実害はないんじゃない?って思うかもしれないけど、侮るべからず。

 

このブログで、アナリティクスの数値がすごくイイ!ってことがあった。それでぼくはアクセス解析のミスとは全然気づかずに「いいブログを作るには」みたいな記事をかいちゃったわけ。

 

そしたらその記事がたくさん読まれちゃって…幸い炎上はしなかったんだけど、デタラメな記事を書くわけにはいかないよね。

 

一部始終はこちらの記事をご覧ください 

www.minamisouju.com

www.minamisouju.com

 

他にもデータがとれないと戦略的にブログを運営できなくなる。もちろん自分はイイ数値がでて嬉しいんだけど(おい)。

今日はこの辺の反省も兼ねて書いていきます 

 

Google Analyticsの重複カウントを疑うべき症状

意外と気づかないんですよね、アクセス解析の数値が改善したら、何かしら自分のまいた種によるものだと思い込みがち。

 

ターゲットを絞った専門ブログは例外もありうるのと、ブログを始めて1カ月くらいは数値安定しないのが普通なので、気にしなくてOK。サイト開設から2か月以上経ってて、こんな症状が出てたら要チェック!

1.ページ/セッションが急上昇してる

ページ/セッションってのはPVをセッション数で割った数で、一人当たり何ページ見ているかっていう数字。これが高いほどユーザー満足度が高くていいブログってことになる(内容に不満だったら離脱するはず)。

 

平均的にはこの数値は1.3ぐらいで、1.6あると優良ブログ。僕の場合は2週間の平均が2.6とかだった(えぐいけど全然ミスに気づかなかった)

 

確認の仕方としては(スクショ貼れないからつたない絵でがんばる)

アナリティクス>レポート>ユーザー>サマリーを開く(普通に開いたときはもうこの段階になってるはず)。

f:id:kuunerudasu:20160106122434p:plain

ここで、折れ線グラフが表示されるはず。このグラフの左上、セッションのところをクリックしてページ/セッションを選択すると、ページ/セッションのグラフになる。このグラフが、一時期から急上昇してるとか、なにかしら不穏な動きをしてたら疑いアリ。

 

2.直帰率が10%を切ってる

直帰率っていうのは、ユーザーが1ページしか見ないで帰っちゃった割合のこと。アクセスの重複カウントが起こると、この数字がやたらと低くなる。その数値が低いほどいいブログってこと。

 

平均的には80%前後なんだけど、50%切ったら疑ってもいいと思う。10%切るとほぼ確実に重複してる。確認の仕方はページ/セッションと同じで、グラフの左上を直帰率に直せばOK。

 

このふたつは同時に起こるから、どっちかがおかしいときはアナリティクスの設定ミスを疑うべし!もちろん、単純に良いサイトであれば飛び抜けた数値もあり得るよ

 

アナリティクスの設定を見直そう

おかしいぞ。ってなったらアナリティクスの設定を見直す!アナリティクスのトラッキングコードが複数埋め込まれてると、重複カウントが起こる。

 

チェックすべきは次の3つ。

1.設定のところに重複貼り付けしてないか

はてなブログの場合は、ダッシュボード>設定>詳細設定で「Google Analytics埋め込み」の欄にトラッキングIDがついてればOK。逆に、それ以外の場所についてないか確認する!

 

とくに間違えやすいのは、同じ画面でさらに下にスクロールして「headに要素を追加」ってとこ。ここに長ったらしいコードで「<script>~google analyticsなんたら」ってのがあれば、そいつが犯人だ!そのコードを削除して保存で完了。

f:id:kuunerudasu:20160106123844p:plain

f:id:kuunerudasu:20160106123848p:plain

ぼくの場合はここに貼ってあった。

 

2.デザインのHTMLに紛れ込んでないか

これはめんどくさいやつ。

ダッシュボード>デザイン>カスタマイズ(スマホ)でHTMLを書ける欄がある(これがたくさんあるから確認するのは大変だ)。ここに「<script>~google analyticsなんたら」ってのがあれば、そいつが犯人だ!そのコードを削除してしまえ。

 

3.記事ごとにトラッキングコードを貼ってないか

これは自分で分かるはず。わざわざ記事ごとにトラッキングコードつけてないよね?

つけてる律儀な人は地獄だ。全部リライトして削除しよう

 

Googleの罠

なんでこんなことになるのかっていうと、Google神が罠を仕掛けてるから。

トラッキングコードのところに、「このコードを全てのウェブページに貼りつけてください」って書いてるわけ。

 

これは嘘。少なくとも、はてなブログでは解析ツールのところにトラッキングIDをはってればOK。

最初はひっからなくても、独自ドメインに変更したときにアナリティクスの設定をし直して…なんてしてるといつの間にか貼っちゃってる時がある。ぼくはこのパターン。

 

重複したデータを復元するには

アナリティクスで重複カウントされてるともちろん数値がずれちゃうし、完全に復元することはできないんだけど、PVやページ/セッションならアバウトに予測できる(ってことに気づいた)。

 

重複カウントされると、ユーザーがはじめにサイトに来た時点で2pvとカウントされる(本来ならそれで1pv)。だから、重複カウントされたPVは実際のpv+セッション数になってるはず。

 

つまるところ、重複カウントされてた期間のPV数はセッション分水増しされてるわけ。

 

ちなみに。このブログの12月のデータは12/1-12/12(正常)でセッション1585で2619PVと、12/13-12/31(重複)で2468セッションで6456PVってなってた。

重複時の本当のPVは6456-2468=3988だから合計すると6607pv、セッションは4053でページ/セッションは1.63でした。イケハヤ並じゃなかった、読んでくださった方には本当に申し訳ない。

 

参考にした記事

ぼくが、アナリティクスの設定がおかしい!って疑うきっかけになった記事です。この記事がなければ今も重複カウントに踊らされてた。本当にお世話になりました!

 

sennich.hatenablog.com

restart15515.hateblo.jp

 

正直なところ、最初はアナリティクスがおかしいんじゃなくて、スパムリファラーっていう迷惑野郎に付きまとわれてるのかと疑ってた。

 

まとめ

■直帰が低い、ページ/セッションが高いならアナリティクスの設定ミスを疑うべし

■トラッキングコードを複数埋めちゃダメ!

■Google神のいたずら心が怖すぎ

■失われた期間もザックリとならデータが分かるよ

■イケハヤ並の記事の件は本当にすみませんでした!

 

「すいませんでしたすいまー!!」

(言ってみたかった、ちゃんと反省してます)

 

それでは!

written by 南蒼樹(@Sight50Sky).