読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

9割の人が知らない、ダイビングの3つの魅力。

アウトドア アウトドア-海/ダイビング
シェアする!
【スポンサーリンク】

こんにちは。南蒼樹(@Sight50Sky)です。

 
海ナシ県長野県、それも連なる山々という最強のボディガードにガッチリと守られて育ったミナミですが、いつの間にやらスキューバダイビングの世界に足を踏み入れて2年が経ちました。
 
2年間で潜ったのは伊豆、沖縄、モルディブ、セブにメキシコ、終いに北海道で流氷ダイビング。
 
そんな世界の海を潜り倒してきたミナミが、ダイビングの魅力を無理やり3つにまとめてみました。
 
正直なところ、潜った海の後半は願望なので経歴には少々語弊がありますが、そんなことはおいておきましょう。
 
 

ダイビングは別世界への入り口

断言します。
陸から眺める海と、海の中で見る海は別世界です。
色、音、見えるもの…全てがもう、ヤバいんです!
 
言葉にできないので、是非体験してみてください。
きっとあなたも、ヤバい!って言いたくなります。
f:id:kuunerudasu:20151020122421j:image
 
陸の世界地図はたくさんあります。
この国に行ってこれが見たい、あれを食べたい…
ダイビングを始めると、世界地図に海が加わります。
この海でマンタと泳ぎたい、ネス湖でネッシーを探し出してやる…などなど!
 
世界中の海を潜る!そんな夢、素敵だと思いませんか。
 

ダイバーは無重力を体験できる

宇宙飛行士になって、宇宙空間をぷかぷかしたい…こんな夢を抱いたことはありませんか?
 
ところで、ダイビングで無重力を体感できるって知っていますか。
 
ダイバーは浮力をコントロールすることで、海の中で無重力空間を作り出すことができるんです。
 
無重力…それはダイバーと宇宙飛行士にだけしか体験できない、特別な瞬間です。
 
f:id:kuunerudasu:20151020122520j:image
 
 

人と繋がる

ダイビングって、大自然の中で1人きり!
みたいなイメージがありませんか。
 
実は、人と関わることがすごく多いアクティビティです。
 
ダイビングは1人では絶対に潜れません。
バディといって、2人1組で一緒に潜ります。
 
バディがめちゃ可愛い女の子だったり、鼻血が出そうなイケメンだったりするかもしれません。
鼻血が出る場合はおそらくダイビングに影響が出るので、バディを変えてもらいましょう。
 
また、1つのショップに色んな場所から色んな経歴を持った人が集まります。
 
加えて、1人や少人数でダイビングに来る人が多く、すごくお互いに話しかけやすい。
 
人と関わる機会がとても多い。
 
色んな話が聞けたり、色んな場所に友達ができたりする。
行く度に知らなかった人と知り合い、どんどん人の輪が広がっていく。
 
それが、ダイビング。
 
ぼくが愛してやまないダイビングの魅力が、カケラでも伝われば嬉しいです。
 
 
国内のダイビング人口は500万人ほど。
日本の人口は1億2千万人なので、ダイビングを体験しているのはわずか5%以下ということになる。
こんなにダイビング人口が少ないとはオドロキです。
 
一緒に海、潜りませんか。
9割の人が見たことのない世界を見れますよ。
 
そのうちダイビングを始めてみたい人向けに記事書きます!
それではまた。
 
ダイビングいきてぇ!!!