読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるだす

信州大学4回生の自然派ブロガー。 おいしいものがすき。おさけも少々。

クレジットカードに電子マネー搭載のオリコカードが便利すぎてハゲる。

ライフハック ライフハック-おすすめ/もの 旅行 旅行-海外
シェアする!
【スポンサーリンク】

社会人になったら新しくクレジットカードを作ろうと決めていて、1ヶ月間じっくりと時間をかけて調べまくった末に、ドンピシャのクレジットカードを探し当てた。それが、「オリコカード THE POINT」だ。時間をかけた甲斐あって物凄く使い勝手が良い。もちろん無料。そして、ハゲるくらいに便利。

f:id:kuunerudasu:20160718191011p:plain

クレジットカードの真髄を知らなかった

クレジットカードの所持率は相当高いはずだけど、それを賢く使いこなしている人は実はかなり少ない。その理由は、「クレジットカードに関する知識がないから」だ。
 
大学を卒業する時に僕がクレジットカードに対して持っていたイメージは次の4つ。
1. 現金がなくても物が買えるから便利
2. 支払期限が伸びるから家計がヤバい時に使える(バカ)
3. 海外で最安で現地通貨を入手できて最高
4. たまにクレカ払いしかできないものがある(ネット予約とか)
 
それなりに便利である反面、仕組みがよく分かってなかったし、必要に応じて使う程度だった。
生活費は銀行引き落とし、Suicaで電車に乗ってコンビニでnanacoを使い、スーパーやお店では現金決済。たまにネットで買い物をするときや手元に現金がないときにクレジットカード。現金9割カード1割といったところだった。Suicaもnanacoもプリペイド式で現金チャージしてるから、結局のところ現金だ。
 
だけど、調べていくうちに分かってきた。
ああ、今までテキトーに使ってきて結構損してきたな、って。正確に言えば損はしていないけれど、うまく使えば確実にもっと生活が便利に、お得になっていた。クレジットカードを使うと2つの「イイコト」があるのだ。
 

クレジットカードがお得な2つの理由

1. クレジットカードを使うだけで還元が受けられる

クレジットカードを使うと、使った額に応じてポイントがつく。ポイントはそのまま使うことはできないが、Amazonのギフト券やTポイント、飛行機のマイルなど、お金同様のものと交換することができる。
 
だから、同じ10000円の買い物をするにしても、カードで払うのと現金で払うのとではカード払いした方が圧倒的にお得なのだ。母親がカード払いを好んでいた理由がやっと分かった。
 
ちなみに、カードによってポイントの付与率が違ってくる。10000円の支払いで100ポイント貰えるのか、10ポイントなのか。その比率は高い方がよく、これを「還元率」と言ってクレジットカードの良し悪しを判断する一つの指標になっている。
 

2. 付帯サービスや割引が受けられる

クレジットカードを使うだけで様々なサービスや割引を受けることができる。
例えば海外旅行に行くときに、海外旅行保険に加入したことはないだろうか。ところが、クレジットカードによっては持っているだけで勝手に海外保険が適用されるものがある。適切なクレジットカードさえあれば、わざわざ海外旅行保険に入る必要がなくなる。
 
先述の通り、海外で現地通貨を得るためには必ず手数料がかかるが、その手数料を最も安く抑える手段はクレジットカードでのキャッシングだ。
他にも空港のラウンジが無料で使えたり、ホテルやご飯屋さんの料金が割引されたり、レンタカーが安く借りられたりする。
 
もう、この2つの事実を知った時点でかなり衝撃的だった。もちろん全てのクレジットカードに当てはまるわけではないし、すべてを兼ね備えるカードは存在しない。
 

オリコカード THE POINTがアツい

使うだけでお得なクレジットカードの恩恵は素晴らしいの一言に尽きる。では、その威力は22歳現役ピチピチサラリーマンの生え際を後退させるに値するだろうか。
 
否、フサフサである。ところが、例のオリコカードの威力はもはやクレジットカードの域を超えた。
 

電子マネーダブル搭載×クレジットカードの威力が凄まじい

オリコカードが最強の理由。それは、QUICKPayとIDの電子マネーをダブル搭載していること。これ、ホントにすごい。コンビニでもスーパーでもクリーニング屋さんでも、支払いが超スマート。現金を数えたりお釣りを出し入れしたりすることすらせずに、1秒で支払いが完了する。もう、会計が458円なのに小銭が431円しかないときの、あの絶望感を味わうこともない。ピッ。おわり。完全勝利。快感。
 
Suicaとかnanacoとか世の中の多くの電子マネーは先にお金をチャージしなければいけないのに、コイツはクレジットカード利用分と合わせて次の月に口座から引き落とされる。なんていいヤツなんだ。
それに、目の前にローソンがあるのにnanacoを使いたいからセブンを探す、なんてこともしなくていい。特にIDのカバー範囲の広さはエグイ。普通に買い物をするときには大体のお店で使えると思っていい。そこにQuickPayのカバー範囲が加わるから、使える場面が圧倒的に多い。
 
ところで、「クレジットカードなのに電子マネー要らなくない?クレジットで払えばいいのに」と、思っただろうか。
 
僕は思っていた。
 
ところが、コンビニの少額決済なんかでは電子マネーが恐ろしいほど便利だ。なぜかは分からないが、1000円以下の買い物をクレジットカードで払うのはやや気が引ける。そんな時は電子マネーの出番だ。もちろん電子マネーで使った分もポイント対象である。クレジットカードは使えなくても電子マネーなら使える店舗だってある。
 
電子マネーをダブルで搭載していることによって、オリコカードは非常に多機能で使用範囲が広くなり、ほぼ全ての会計をこのカード1枚で済ませられるようになるのだ。かつて現金9割カード1割だった僕の支払いは、現金でしか払えない家賃を除けば、8割以上がクレジットカードで、現金は2割以下になった。僕は同じ支払いをカードに切り替えただけで、ポイントをボコボコと貯めているのだ。
 

銀行とオサラバ。無駄な時間から解放された

あなたは、月に何回、銀行やコンビニのATMで現金を引き落としているだろうか。
現金決済をしていると、事あるたびに銀行に通うことになる。しかもサラリーマンになった今だから分かるが、手数料をかけずに引き出そうとすると平日の昼休みを割いて銀行に行かなければならない。いつまでもATMをスローモーションポチポチしているオバサンを待ったり、土日に現金が足りなくなって手数料を取られたりと、時間もお金もストレスもかかる。
 
自分のお金を受け取るだけなのに、やたらとコストがかさんでいるのだ。僕はそれまで月5回ほど銀行に行っていたが、オリコカードを使ってから月1回になった。そして、ATMに行く時間や待つ時間、レジでの会計にかかる時間といった煩わしいものから、僕は解放された。
 
たくさんあったカードの機能が1枚で賄えるから、財布もスマートになったし、使った額はオンラインで把握できるから楽ちん。家計簿をつけなくてもマネーフォワードが勝手に資産管理してくれるし、支払いが一本化するから管理が楽。
 
外出するときにはスマホと財布でふらっと身軽でありたい僕にとって、「オリコカード THE POINT」は夢のようなカードだ。快適すぎる。もし2-3年後になって僕がハゲていたら、十中八九、オリコカードのせいだと思っていい。
 

オリコカード the pointはどんな人におすすめなのか

最後にサラッとカード全体のことを書こうと思う。詳しくは別の記事に書くが、全ての人におすすめのカードなんて存在しない。ただ、僕に近い価値観を持つ人にとってはこのカードがめちゃくちゃ便利であることは間違いない。
 

オリコカード the pointの基本情報

年会費:永年無料
還元率:最低1%~
カードブランド:JCB、Visa、Master Card
海外旅行保険:なし
ポイント期限:1年
 
年会費無料のクレジットカードの中で最高クラスの高還元率、ブランドもマスターを含んだ3つから選べる。旅行保険は付帯しないがこれはサブカード(別のクレジットカード)で補えばいいから問題なし。ポイント期限が短いことがやや弱点か、といったところだ。
 

オリコカード THE POINTはこんな人におすすめ

・荷物はできるだけ軽く、少なく。常に身軽でいたい。
・クレジットカードの見た目もちょっと気にしたい
・買い物は楽天よりAmazon派(ここちょっと大事)
・銀行いくのめんどくさいし、待ち時間は少ない方がいい
 
まとめると、「できるだけ身軽でいたい。そして最小限のコストでできるだけ得したい人」となる。もちろん電子マネー搭載のクレジットカードは他にもあるし、電子マネーにも色々とある。複数のカードをその都度使い分ければもっとお得にできる手段もある。その中で国内外で最もカバー範囲が広く使いやすい電子マネーを搭載しつつ、高還元率を誇る「いいとこどり」のカードがオリコカード THE POINTということになる。
 

まとめ

初めてiPhoneを使った時の、あの感動を覚えているだろうか。iPhoneには、考えつくされ、洗練し尽された使いやすさがあって、僕が愛用している理由もそこにある。「良いモノ」とは、「究極に使いやすいモノ」のことで、そういうものは生活を豊かにしてくれる。それはクレジットカードも同じである。
 
クレジットカードの還元率は大事だけど、どんなに還元率が高くても使えなければ意味がない。その点、使いやすくて還元率が高い「オリコカード the point」を「イイモノ」と言わずして、なんと言うのだろう。クレジットカードを作ろうかなと考えている人はぜひ一度検討してみて欲しい。オリコカードやクレジットカードのもっと詳しいことはまた後日書いていこうと思う。
 
それではっ!

written by 南蒼樹(@Sight50Sky).